ブラレイコ

2020年東京オリンピックまでに知っておきたい日本の魅力をマイペースにゆる〜く記録☺︎

言葉に纏わるプロダクトの魅力

しばらくぶりの更新。

今回は、ここ数年注目している、日本の言葉に纏わるプロダクトについて書き留めておきたい。

 

言葉の持つ力を考える

万葉集には、つぎのような歌がある。

しきしまの 大倭(やまと)の国は 言霊の助くる国ぞ まさきくあれ  (万葉集 柿本人麻呂より)

「この日本の国は 言霊の助ける国なのだ。だから無事であっておくれ。」といった意味。(海路の旅に出る人へ餞(はなむけ)した歌)

「言葉には力がある」と信じているからこそ、「無事であっておくれ」とあえて口に発することで幸いが起こることを期待する、そんな想いが表れている歌。

当時も、ポジティブな言葉がもたらす力を感じていたのだろう。

 

そう言えば、ポジティブな言葉の力に関して、心に残っている一節がある。

わたしは「できない」「無理」などのネガティブな言葉は発しない。なぜなら、言葉を発したら、自分の耳を通って、自分自身に返ってくるからだ。

ネガティブなことばかり考えて、発信していくと、自分自身がネガティブに染まっていってしまう。だから、ポジティブに物事を捉えて、言葉にする。

10年ほど前に、孫 正義 氏が、新卒入社社員へ贈った言葉。

「孫さんレベルでも、言葉のチョイスを気にするんだなあ〜」と驚いたし、「自分の発する言葉を最初に聞くのは自分」というフレーズがとても印象的で。いまなお覚えているし、わたし自身も意識するようになった一節だ。

いわゆるポジティブシンキングの話なのかもしれないが、それを実践する最初の一歩は、自分が発する前向きな言葉なのかもしれない。

 

きっと、わたしたちは「言葉の持つ力」をどこかで感じていて、信じている。
だからこそ、わたしは、日常のなかで「言葉」とどのように関わっていくのかを意識したいのだ。

 

 

心に留めておきたい言葉を身にまとう

1年前、素敵なコンセプトのアクセサリーと出逢った。

デザイナー國廣 沙織さんが手掛ける、ひらがなをモチーフにしたアクセサリーだ。

www.saorikunihiro.com

ひらがなは、万葉の時代から受け継がれている日本特有の文字文化。

ひらがなの曲線は、独創的で美しく、書のデザインだけでも十分にアートなのに。それが、アクセサリーと化して身につけられ、しかも好きな言葉をセレクトできるという……!

この魅力は、大きく2点だ。

まず、根底に書家としての日本文化への敬意と伝承、言葉の持つ意味の理解がしっかりとあるという点。
これだけだと少し小難しい印象となるのだが、アクセサリーという形にすることで、うまく日常と接続され身近に感じられるという点。

この2点が組み合わされた発想とバランスが、たまらなく良い!

 

すっかり國廣さんのファンとなり、ひらがなアクセサリーをほぼ毎日身につけて、言葉の意味を心に刻みながら生活をしている。

 f:id:reicoouchi:20180121160017j:image

▲「こころ」ネックレスと「ありがとう」ピアス。ネックレスは、文字のデザイン性も素敵。「心に正直に毎日在りたい」という自分への想いを込めてつけてる。

f:id:reicoouchi:20180121160113j:image

ピアスは、誰かにありがとうを伝えたい想いが強い日に、身につけるようにしている。

パッと見ただけでは、ひらがなかどうか分からないことも多く、「これは何の形?」「これって文字?」と質問されることも多々。アクセサリーのコンセプトを含めて紹介すると、皆さんからお褒めの言葉をいただくことが多い。

 

f:id:reicoouchi:20180121140727p:plain

あいしてる指輪中K10 - Hiragana

▲こちらは「あいしてる」指輪。
自分では買いたくないけど、欲しいもの。笑


アクセサリーは、オーダーもできるため、自分自身やたいせつな人の名前で作るのも素敵だなあと思う。

2月前半には、歌舞伎座の地下での催事販売があるとのこと。また、新しい言葉のアクセサリーを手に入れるべく、國廣さんに会いに行こうと決めている。

 

 

たいせつな人に伝えたい言葉の想い

たいせつな人の人生の節目に、どのような言葉を添えようか。たいせつ故に、想いが溢れ、言葉に詰まってしまうこともある。

昨年、親しい後輩が結婚をすることになった。台湾出身で、就職と同時に日本に来た彼女だが、日本人男性と結婚することになった。

頑張り屋さんで、優しくて、繊細な心を持つ彼女に、どのような言葉を贈ろうかと考えていたところ、この言葉に出逢った。

 

「恵風(けいふう)」

万物を成長させる恵みの風。
生きとし生けるものを育んでいく力強い風です。
大切な方のよき未来をお祈りして。

まさに、わたしが彼女に伝えたい想いがギュッと詰まっているような言葉。

この言葉をわたしに教えてくれたのは、SIONEが手掛ける「読む器」シリーズだった。

store.si-o-ne.jp

しかも、単純なプロダクトではなく、たいそう凝っているのだ。

BOOK型のパッケージを開くと、左ページにはモノガタリが、右ページにはモノガタリが宿ったうつわがセットされています。
また、それぞれのモノガタリに合わせた音楽が付いておりQRコードよりアクセスし、お聞き頂く楽しみも一緒になった商品です。

言葉から成るモノガタリと、それをイメージして創られた器と、更に音楽とがひとつになったプロダクト。

贈り主の気持ちを、目で手で耳で感じることができるなんて、とっても面白いこと試みである。

今回セレクトした「恵風」以外にも、「亀甲」「蓮根」「しなとの風」など素敵な言葉をテーマとした器がたくさん!

たいせつな人への言葉の贈り方として、ぜひチェックしておきたい。

 

 

言葉に纏わるプロダクトに心奪われて

自分自身にも、たいせつな人に対しても、湧き上がる感情があり、それを表現するためには言葉が必要不可欠である。

スピーチ、手紙、メール、LINEなど、伝える方法はたくさんあるのだろうけれど、それを「形」として残すというやり方が、どうやらわたしは好きらしい。

なぜなら、前向きな言葉を身につけたり、日頃から触れていることが、きっと幸いをもたらすのだと、信じているから。

今回紹介したネックレスも器も、そんな「言葉の力」への想いを叶えてくれる素敵な存在たちなのだ。 

 

今年も、たいせつな人たちにたくさんの幸が訪れるよう、たくさんの幸ある言葉をのせたプロダクトを贈りたいと思う。

 

楽しみはつづく☺︎