ブラレイコ

2020年東京オリンピックまでに知っておきたい日本の魅力をマイペースにゆる〜く記録☺︎

青島神社〜鵜戸神宮へ!ブラタモリ宮崎ロケ地を巡る②

ブラタモリ宮崎ロケ地を巡る旅、続編。

前回、青島神社堀切峠を楽しんだときのブログはこちら↓

reicoouchi.hatenablog.com

今回は、いよいよ鵜戸神宮へ向かう。
最盛期には、その年結婚した夫婦の約4割が新婚旅行で訪れたとされる、超人気スポットだ。

続きを読む

青島神社〜鵜戸神宮へ! ブラタモリ宮崎ロケ地を巡る①

やって来ました、宮崎県。

今回は、ブラタモリ #100 宮崎のロケ地を巡りつつ、地質と歴史を学びます。

宮崎 南国リゾートの謎に迫る

ブラタモリの記念すべき#100 宮崎のテーマは「なぜ 宮崎は"南国リゾート"になった?」

宮崎って、昭和40年代後半 新婚旅行の人気ナンバー1エリアだったそう。当時の人気スポットを巡りながら、その歴史を地形レベルから紐解いていきます。

本日巡るスポットは、こちらの3つ。

  1. 青島神社
  2. 堀切峠
  3. 鵜戸神宮

ブラタモリマップに当てはめると、こんな感じです。f:id:reicoouchi:20181206232344p:plain

 今回はレンタカーを借りて、タモリさんの足跡を追っていきます。

www.nhk.or.jp

 

鬼の洗濯板に囲まれた、聖なる青島神社

まずはここ、青島。

 

青島は、周囲1.5キロメートルほどの小さな島。その特徴は、島の周囲にある「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩にある。

f:id:reicoouchi:20181207183855j:image

砂岩と泥岩がミルフィーユのような地層を作り、隆起し、それが海の波によって削られてできた不思議な地形。あまりにもキレイな直線なので、本当に人工的に作ったの?と思ってしまうほど。不思議な景色が、魅力的な島。

f:id:reicoouchi:20181207184238j:image

▲独特な景色に溶け込み、国の天然記念物である「鬼の洗濯板」に乗ってパシャリ。
この岩の質感が異次元的!

 

そして、島の中には、青島神社がある。この神社は、縁結びで有名。
ホームページが素敵なので、ぜひチェックいただきたい。
青島神社

青島神社の御祭神は、こちらの3柱。
天津日高彦火火出見命あまつひだかひこほほでみのみこと
豊玉姫命とよたまひめのみこと
塩筒大神しおづつのおおかみ

天津日高彦火火出見命は、日本神話「山幸彦と海幸彦(やまさちひことうみさちひこ)」の山幸彦のこと。豊玉姫命は、その奥様。

神社の歴史は、約1200年。縁結・安産・航海・交通安全の神様として祭られている。

f:id:reicoouchi:20181207183927j:image

▲記念に御朱印をいただく。
左は、弁財天の御朱印青島神社は、日向之国七福神の弁財天も祭られているのだ。

日向の国 七福神めぐり

 

 

青島神社周辺のお楽しみ

青島神社を満喫した後は、トゥクトゥクに乗って島を半周してみる。
こちらのトゥクトゥクは、青島へ続く道を行ったり来たりと、往復しており、希望者を乗せてくれる。

料金は無料で、チップ制。歩くよりも青島を一層楽しめるから、時間があったらぜひ乗ってみてほしい。 

f:id:reicoouchi:20181207184216j:image

▲お兄さんの丁寧な説明と、トゥクトゥク独特の揺れを楽しむ。
バックミラー越しに、めちゃ笑顔なわたし。

さらに、青島神社の周辺には、売店も多い。
オススメは、フレッシュな果物で作られているジュース。

f:id:reicoouchi:20181211233453j:image

▲11月末でも、とっても濃厚なマンゴージュースをいただける。南国ムード満点。

 

 

フェニックスの元祖!堀切峠で新婚気分を盛り上げる

青島神社を楽しんだ後は、鵜戸神宮へ向かう道の途中にある「堀切峠」を目指す。

昭和40年代、宮崎は新婚旅行ブーム真っ只中。当時の人気スポットの一つが、ここ堀切峠だ。

観光バスに乗って移動する新婚さんたちは、堀切峠でフェニックスを目にする。どっしりとした幹に、ゴージャスに広がる葉っぱ。その奥には、青い空と広い海。

f:id:reicoouchi:20181211235610j:image

こんな非日常な景色を見たら、新婚気分も盛り上がります◎

この、フェニックスによる南国的演出を考案したのは、宮崎交通の創業者で「宮崎観光の父」と呼ばれる、岩切章太郎さん。フェニックス越しの海の景色イメージは、東海道五十三次からヒントを得たとか。

当時フェニックスドライブインとして大賑わいになった施設は、現在もフェニックス道の駅として健在。今も昔も、ここのフェニックスを見て、南国感を楽しむわけですね。 

道の駅フェニックス オフィシャルサイト

 

 

次回は、いよいよ新婚旅行で一番人気の鵜戸神宮へ向かいます。
さらに、驚きの宮崎グルメもご紹介。乞うご期待。

 

楽しみはつづく☺︎

とらやに首ったけ♡

2018年10月1日(月、寅の日)、赤坂に現れた「パワースポット」をご存知だろうか。

f:id:reicoouchi:20181126001531j:image

www.toraya-group.co.jp

3年ぶりに赤坂の地に戻って来た「虎屋」さん。この空間が、とにかく素晴らしい。私はここに来るたびに、幸せな気持ちになり、前向きな気持ちになり、「よし、頑張ろう」と思ってお店を後にする。これほどパワーを与えてくれる空間は、他にあるだろうか。

今回は、大好きな「とらや赤坂店」への愛を書き留めたい。
まだ、とらや赤坂店に行ったことのない、あなたに向けて。

続きを読む

風姿花伝には、想像以上に人生への教訓が詰まっていた

秘すれば花

秘する花を知ること。「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」となり。この分け目を知ること、肝要の花なり。 

この「風姿花伝」の一節は、世阿弥が伝えようとする芸能論を理解するうえで、最も大切な考え方を記している。

世阿弥は、能楽を通じて、ある種の人生哲学を生み出す。そこには、現代人にも活きる素晴らしい教えがある。

世阿弥の考えた「花」とは何か、「花」を秘するとはどういうことか。それを紐解けば、きっと、何かを学ぼうとする全ての人に気づきを与えてくれるはず。

 

 

風姿花伝」とは何か

1400年頃、世阿弥が亡き父観阿弥能楽の教えを祖述したもの。それが「風姿花伝」。

原文は古典なので、慣れないわたしには少々読みづらい。が、書かれている内容としては非常に端的であった。

今回は、原文と解説文を同時に読むことができる、林望氏の「すらすら読める風姿花伝」を参考に、感想をまとめる。

現代においても十分理解ができる内容になっている。 

すらすら読める風姿花伝 (講談社+α文庫)

すらすら読める風姿花伝 (講談社+α文庫)

 

風姿花伝の目次と概要は、以下。

 

第一 年来稽古(ねんらいけいこ)条々
七歳から五十歳までの年齢別の能楽稽古の心得的なもの。子供に芸事を教えるときの注意点から、十代でのスランプの乗り切り方、花盛りでの注意点と、四十代以降での退き方のポイントを説く。とても具体的。

第二 物学(ものまね)条々
能楽のジャンル別の演技論。ジャンルは、女・老人・直面(ひためん)・物狂(ものぐるい)・法師・修羅・神・鬼・唐事(からごと)の九種類。演劇は、ありのままを写実すれば良いとも限らず、独自の「非写実的真実」の考え方が求められるそう。写実と虚構の絶妙なニュアンスについて説く。

第三 問答(もんどう)条々
QA形式に書かれており、世阿弥の質問に観阿弥が答えたと考えられる章。演出的な視点や、能楽の美学について書かれている。

第四 神儀云(しんぎいわく)
こちらは「すらすら読める風姿花伝」からは割愛されている章。能楽の歴史、発生、伝説について書かれているらしいが、文体や内容なども他の章とは異なるようだ。

第五 奥義云
世阿弥の属した大和申楽(やまとさるがく)と、近江(おうみ)申楽、田楽(でんがく)との流儀の違いが書かれている。他の流儀からも学ぼうとする姿勢と、本当の意味で後世に何を残せばいいのかと考える世阿弥の視座の高さを感じ取れる。

第六 花修(かしゅう)云 
実際の演技の方法について論じる。演者視点に加えて、構成作家的な視点も含まれており、世阿弥が劇作家としても素晴らしい才を持っていたことがわかる。

第七 別紙口伝
明確に、世阿弥の考える「花」に関しての記述のある章。これまでの各章でも語られていた花を、より明確に説明をしており、独自の哲学がここに詰まっている。

 

 

世阿弥が説く「花」

世阿弥は、芸能のもっとも大切な勘所、一世一代の見せ所のようなものを「花」と表現し、風姿花伝のなかで、その大切さを語っている。

この、何とも言葉にはしづらい「花」を、様々な表現で説明をしているので、いくつかご紹介。

各種の芸を稽古しつくし、工夫に工夫を加えて後、はじめて永続する「花」すなわち一生失せない芸の美を知ることができる。 

稽古と工夫を頑張った先に、一生の「花」を手に入れられる。

己の芸の格をよくよく心得て勘違いしないようにしていれば、それ相応の花は一生のあいだ失せることがない。しかし、慢心して相応の位よりも上手なのだと思い込んだら最後、それまで持っていた花もすべて消え失せてしまうのだということである。

自分イケてるな、と勘違いをしたら最後、花はすべてなくなってしまうなんて・・・慢心ってば恐ろしい。

そもそも、花というものは、万木千草(ばんぼくせんそう)において、四季折々に咲くものであるから、ああ春になった、夏になったと、季節ごとにその都度花をみて珍しく思いもし愛で楽しみもするわけである。

能もこれと同じで、見ている人の心に「ああ、珍しい」と思うところがあれば、すなわちそれを面白いと思う心理である。したがって「花」と「面白い」と「珍しい」の三つは本来同じ心から発する三つの側面にすぎない。

「花」を「感動」とか「優美」というよりも、「面白い」「珍しい」と言った興味関心・好奇心のような表現をしている。いい意味で、相手の気を引くことが、芸能の未来に繋がると考えたのだろうか?

 

秘する花を知ること。「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」となり。この分け目を知ること、肝要の花なり。  

そして、冒頭でも紹介したこちらの文章だ。
「花」は開けっぴろげにするものではなく、自分の中に秘めておくものだ、としている。最初から、「花」となる見所を明かしてしまえば、 相手は面白さを感じるわけはない。だから、ここぞという場で見せるために、準備し温めておくものなのだ。



風姿花伝の最後には、次のように記されている。

わが能の道の様々な芸態も、現代の人々、あるいは演能の場所場所によって、その時のおおかたの好みにしたがってふさわしいものを取り出して演じると、これが観客の心に叶い、花となって役に立つということであろう。
(中略)これは見ている人の、それぞれの心々に存在する「花」というものである。さて、そういう風に時に応じて変異する花、そのいずれを本当の花とすべきなのであろうか。せんずるところ、ただその時々に応じてもっとも適切なものを用いることを以て「花」と知るべきなのであろう。

ここでは、「花」は自分ではなく相手の心のなかになるもの、と言っている。

「花」であるかどうかは、相手が決めることであり、その到達を目指して、芸能の努力や工夫を怠ってはならない。そうすれば、相手やその場に合わせた芸能を提供することができるようになり、相手の心に「花」を咲かすことができる。

そんなメッセージのように感じた。

 

 

孤高の天才 世阿弥の人生

世阿弥は、幼い頃から父 観阿弥からの英才教育を受け、天才と呼ばれ、周囲から賞賛を浴びてきた。しかも相当のイケメンで足利義満からも可愛がられたらしい。

一見すると、華々しい人生だなあと思ったけれど、
風姿花伝から読み取れる世阿弥の姿は、とてもストイックで客観性を持った努力家だった。


奥義云のなかで、世阿弥は「風姿花伝」の名前の由来を次のように話している。

とくにこの能という芸能は、本来先人の教えた風姿を継承するのが大切なのだが、しかし、それだけではだめで、そこに各自の工夫・才能によって新しく拓いてゆく面もなくてはいけないわけだから、そう簡単に言葉で説明することができぬ。すなわち、先人からの芸の風刺を継承しつつ、心から心へ言葉を超越して伝授していく「花」が大切だという意味合いで『風姿花伝』と名付けるのである。


さらに、こんなことまで言っている。

家、家にあらず、次ぐをもて家とす。人、人にあらず、知るをもて人とす。

つまり、「才能は遺伝するとは限らない」として、才覚知性人格の優れた人を選んで継がせるという、極めて合理的な考え方を述べている。

(血縁を大事にしていそうな時代に、結構大胆な宣言をしていることに驚き・・・!)

世阿弥は、若干三十七歳のときに、この風姿花伝を書きはじめている。まるで、能の未来を一人で背負って、未来を案じているかのよう。

 

 

現代に受け継がれる風姿花伝

ここまで、「花」について紹介したけれど、風姿花伝の教えはそれ以外にもたくさんある。

わかりやすく纏っているサイトがあったので、ご紹介。

www.the-noh.com


一部をサイトから抜粋。

 
・初心忘るるべからず

世阿弥にとっての「初心」とは、新しい事態に直面した時の対処方法、すなわち、試練を乗り越えていく考え方を意味しています。つまり、「初心を忘れるな」とは、人生の試練の時に、どうやってその試練を乗り越えていったのか、という経験を忘れるなということなのです。

・離見の見(りけんのけん)

自分の姿を左右前後から、よくよく見なければならない。これが「離見の見(りけんのけん)」です。これは、「見所同見(けんじょどうけん)」とも言われます。見所は、観客席のことなので、客席で見ている観客の目で自分をみなさい、ということです。

・稽古は強かれ、情識はなかれ

「情識」(じょうしき)とは、傲慢とか慢心といった意味です。「稽古も舞台も、厳しい態度でつとめ、決して傲慢になってはいけない。」という意味のことばです。世阿弥は、後生に残した著作の中で、繰り返しこのことばを使っています。

  

ちょっと紹介しただけでも、現代にも活きる教訓の数々が詰まっていることがわかる。これが、風姿花伝が、最古の演劇論とも、芸能の教育論とも、人生論とも言われる所以だ。

 

 

 南の島で読む本としてはヘビーだった、風姿花伝

今回、遅めの夏休みを取り、南の島へ来ているのだけど、そこで読もうとした本が、この「風姿花伝」であった。もともと、世阿弥の考えには興味関心があり、いつか読みたいなと思っていたので、夏休みのお供にちょうど良い、と思ってしまったのだ。

しかし、実際に読んで見ると、それは大きな間違いだった。世阿弥の言葉の奥深さを汲み取るのが、結構ハードで、自分自身の解釈をつけられるまでに、想像以上の時間を要した。

人の言葉の重みって、その人の”考えの深さ” × ”考えの時間軸の長さ”で表されると思うのだけれど、世阿弥の言葉は、とても考えが深い、かつ1400年から未来(自分が死んだ先の、遠い遠い後世)を見つめているので時間軸の長さが半端ない。


つまり、言葉の一つひとつが本当に重い。

夏休みに、南の島で読もうという書ではない。絶対、向かない。そこのチョイスは確実に間違ってしまった。

南の島で読み解ける内容は、今日ブログに記したレベルにすぎないが、本当はもっともっと自分の人生を見直すきっかけになるレベルの素晴らしい書籍なのだと思う。

東京に戻ってから、改めて読み直す必要がありそう。

そう誓って、今回は、本を素直に閉じたのでした。

f:id:reicoouchi:20181108155401j:image

なんくるないさー。

 

 

楽しみはつづく☺︎

 

 

届け!勘三郎さんへ「中村勘三郎七回忌追善」での歌舞伎体験

生きているうちに、いかに優れた文化を体感するか。それが、人生に彩りをつける1つの方法なのだと思う。

この、「生きてるうちに」には、2つの意味があって、

1つは自分自身が生きているという意味。もう1つは、文化提供者が生きているという意味。

とくに後者は意識をする必要がある。なぜなら、素晴らしい文化人は自分よりも年上が圧倒的に多いから。

 

この考えに至ったのは、中村勘三郎さんが亡くなったのがキッカケ。

「いつか勘三郎さんの歌舞伎を観に行こう」と本気で思ってたのに、結局叶わなかった。こんなに早く亡くなるなんて、想像もしなかった。

同じ時代に生きていたのに、その素晴らしい演技を生で観ずに終わってしまった後悔は大きかった。

 

先日、素敵なご縁をいただき、芸術祭 十月大歌舞伎 中村勘三郎七回忌追善を観ることができた。

そこで味わったのは、役者たちから勘三郎さんへの、溢れんばかりの愛と感謝。それは、舞台を越えて客席を包み、私たちの目頭を熱くした。

この感動は、きっと一生忘れない。

f:id:reicoouchi:20181023092356j:image

 

これはもう、愛しかない配役

今回、わたしが観たのは、夜の部。

片岡仁左衛門さん、坂東玉三郎さんを筆頭に、勘九郎さん、七之助さん、歌六さん、彌十郎さん、巳之助さんなどなど、豪華な役者たちが出演。

とくに、「義経千本桜 吉野山」と「助六」の2つの演目は、勘三郎さん追善公演ならではの配役であり、裏には温かいストーリーが見えた。

 

義経千本桜 吉野山

静御前玉三郎さん、狐忠信を勘九郎さんが演じる。勘九郎さんは、役を演じるにあたり次のように話していた。

吉野山』は十七世勘三郎の追善で、「父が(六世)歌右衛門のおじ様と踊った思い出をよく話してくれました。それを、大恩ある玉三郎のおじ様と踊る、幸せです。

劇中、静御前と狐忠信が、ともに舞うシーンがある。そのなかの有名な決めポーズ、女雛男雛の絵模様の二人の姿が、とても印象的。

玉三郎さんが、勘九郎さんの未来を後押ししているような、厳しくも愛のあるエールのような。そんな温かい気持ちにさせられる瞬間だった。

 

助六 曲輪初花桜(くるわのはつざくら)

仁左衛門さんのインタビュー記事を読み、この役への特別な想いに触れる。

昭和58(1983)年3月歌舞伎座で初めて演じた助六。「十七代目のおじ様(勘三郎)に教えていただいたんです」。2度目(平成3年3月歌舞伎座)のときは、「十八代目(勘三郎)が白酒売に出てくれました。自分も助六をやりたい、やるときには兄ちゃん教えてよ、と。東京の人に教わるほうが、と言ったら、僕は兄ちゃんに教えてほしいって。それが実現できなかった残念さ」。果たせなかった思いをつないでいくため、十八世勘三郎追善で勘九郎七之助と同じ舞台で助六を演じます。仁左衛門が語る『助六曲輪初花桜』 | 歌舞伎美人(かぶきびと)

あぁ、こんな想いで仁左衛門さんは助六を演じるのか。と心に沁み入り、追善公演の特別感を改めて味わう。

さらに、今回の「助六」の配役もすごい。

まず、助六の相手役 揚巻を演じるのは、七之助さん。(仁左衛門さんの相手が玉三郎さんでなく、七之助さん!)

助六の兄役 白酒売を演じるのは、勘九郎さん。(かなり年下の兄役!)

そして、助六も白酒売の母親役は、玉三郎さん。(脇を固めてくれるのだなあ!)

そう、この配役は、もう愛でしかない。それ以外に説明はつかないのだ。

 

 

彌十郎さん、想いを言葉にしてくれてありがとう

これはネタバレ的になってしまうので、詳しくは言えないのだけど、今回 彌十郎さんの演じる通人里暁は、「過去」と「いま」、「親」と「子」、「舞台役者」と「観客」を繋いでくれる重要な人物であったのは間違いない。

 

彌十郎さんが素敵な台詞とともに花道から去る

ーーー その瞬間、

勘三郎さんへの感謝、忘れ形見である勘九郎さんと七之助さんへの愛、そういった温かい想いが、ワッと弾けた。

追善公演とは、こういうスペシャルな空間なんだ。その本当の意味を知り、自然と涙が溢れてきた。

f:id:reicoouchi:20181024000856j:image

 

歌舞伎役者が受け継ぐものとは

歌舞伎は伝統芸能であり、一つ一つの型がある。役者たちは、その型を受け継ぎ、自分のものにしていく。

しかし、今回の舞台を観て、型を受け継ぐという表現に少しだけ感じた違和感。

なんか、受け継ぐものは、型だけではないのかな、と思えてきた。それはもっと、ヒューマニスティックな役者同士の絆やリスペクトや愛…… みたいなもので、その想いを丸ごと受け継いでいるのかもしれない。

 

歌舞伎の世界って、深い……深いなあ。

役者さんの過去から受け継いだ見えない想いも含めて、応援していきたいなって思えた。それが歌舞伎の楽しみ方なのかもなぁ。

勘三郎さん、素晴らしい歌舞伎の魅力を教えてくれてありがとうございます!

 

f:id:reicoouchi:20181024002318j:image

そして、楽しみはつづく☺︎

 

大地の芸術祭で、人はより人間らしくなる

新潟の自然はワイルドで、深くて、どこか懐かしい。


先日のこと、新潟県十日町で開催された「大地の芸術祭」へ行ってきた。芸術祭は、昨年の奥能登で開催されたものから2回目。新潟の芸術祭には、初参加だ。

稲刈りを待つ稲穂が、美しいこの季節。わたしたちは、新潟の地で、日本人のDNAを存分に感じることができた。

f:id:reicoouchi:20180929180302j:image

 

芸術祭をする意味とは

その土地を知る方法は いくらでもある訳だけど、外から来た人間が、その土地を理解して住む人との接点を作るというのは、なかなか難しい。

特に過疎が進んでいる地域は、高齢者も多く閉鎖的になりがちだし、環境スポットや商売やっている人でもない限りは、土地をPRすることもないだろうし。

そんな中に、あえてアート作品を送り込むことで、新しい化学反応をつくろうと考えたのが、芸術祭だ。

アーティストは他者の土地にものをつくらねばならず、地域とのコミュニケーションが欠かせません。やがてアーティストの熱意が伝わり、住民は協働者として作品に関わり始めました。また、都会から多くの若者がボランティアに参加し、「過疎地の・農業をやってきた・お年寄り」と「都市で・何をやっているかわからない・学生」との出会いは、衝突・困惑から理解・協働へと変化していきました。

普段出会わないもの同士が出会うことは、とってもストレスフルだと思うけれど。向き合って、ぶつかって、打ち解けたとき、新しい”何か”が生まれるに違いない。

そして、わたしたち来訪者は、その”何か”を、アート作品から、その土地の人たちから、ボランティアスタッフから、感じることができるのだ。


簡単ではない融合であるからこそ、芸術祭はわたしたちを魅了させる。

www.echigo-tsumari.jp

 

そこにあるストーリーに触れ、教えられる

「この棚田は、ずっと一人のおじいさんが管理をしていたものなんだ。

急斜面の雑草を刈ったり、田を耕したり、手入れを一人でやっていたけど、高齢にともなって棚田を手放すことを決めたんだ」

その「棚田」は、まつだい農舞台といって、芸術祭の代表的なスポットの1つにあるアート作品だ。

f:id:reicoouchi:20180929180358j:image

新潟の美しい棚田に、伝統的な稲作の情景を詠んだテキストと、対岸の棚田で作業する人々をかたどった彫刻を配置された、このアート作品。

何も知らずに見ても、四季折々の棚田の情景を彷彿とさせるのだけれど、それだけだと足りていないストーリーがある。

この棚田は、アート作品の以前に「一人のおじいさんの棚田」という事実。おじいさんは、作品を作ろうとしていた訳ではない。自分の生活の一部として、この棚田を耕していた。

今年、この棚田をアート作品にすることをオファーしたとき、おじいさんはすぐには承諾をしなかったそうだ。

自分が作り上げて来た棚田に対する、色々な想いがあったのだろう。

そんなおじいさんを想像しながら、アート作品を改めて見てみる。あの彫刻は、移りゆく季節のなかで、棚田を向き合っていたおじいさんの姿なのかもしれない。

見ず知らずの(顔すら知らない)おじいさんのことを想いながら見る「棚田」から、わたしたちは沢山の感謝を想う。

棚田を守ってくれていたおじいさんへの感謝、
農作物を作ってくださっている農家の皆さんへの感謝、
この芸術祭を支えてくれている地元の皆さん、スタッフの皆さんへの感謝。

アート作品の背景にあるストーリーに触れるだけで、目の前の景色に違った想いが湧き上がる。それもまた、芸術祭のおもしろ味なのかもしれない。

 

 

初めての土地に懐かしさを感じる不思議

この地にやって来るのは、全くのはじめてなのだけど。そこで見る風景に、なぜか懐かしさを感じてしまうのは何故だろう。

山に囲まれた美しい田んぼ道、どこまでも広がるブナ林、木造建築の小学校…… それらは、生まれてはじめて訪れた場所なのに。

どこか懐かしく、落ち着く。

こういう景色を「原風景」というらしい。

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。 

原風景 - Wikipedia

わたしの記憶のなかに、これらの風景が刻み込まれていたということ。

わたしが実際通っていた小学校なんて、木造どころか、コンクリート打ちっぱなしの最新小学校だったのにも関わらず、だ(笑)

子供のころの記憶のなかで、どこかで日本の風景のイメージをつくっていたのだなあ、と気づかされる。


なんだ、ちゃんと染み付いてるじゃん、日本人のDNA。

そう思った途端、うれしい気持ちが湧き上がる。
無意識の意識が、表出した瞬間。わたしたちは、自分の内側から自国への愛情を感じることができた。

 

 

芸術祭は、人間を人間らしくする1つのアプローチ

最後に、大地の芸術祭で出会ったアート作品の数々の写真を。

f:id:reicoouchi:20180929180549j:image
f:id:reicoouchi:20180929180538j:image
f:id:reicoouchi:20180929180547j:image
f:id:reicoouchi:20180929180554j:image
f:id:reicoouchi:20180929180533j:image
f:id:reicoouchi:20180929180542j:image

芸術祭として開催をするのは3年に1回ではあるけれど、作品たちの一部は撤去せずにそのまま残される。

この土地は、芸術祭をキッカケに、アート作品を受け入れ、アート作品とともに暮らす選択をしたのだ。


閉鎖的な土地に、あえてアート作品を融合させる。それによって、日常では出逢わない人たちが交差する。

もちろん大変なこともたくさんあるのだろうけれど、ポジティブな変化も訪れる。
地元の皆さんや関わりあった人たちの、活力や、笑顔や、誇りが生まれるのだ。


芸術祭、それは極めて人間的なアプローチ。

世代・地域・ジャンルを超えて、わたしたちの奥底にある感覚に刺激を与える。
閉ざされた、個々の日常では起こりえないことが、芸術祭というプラットフォームの上では起こり得るのだ。

今回、わたしたちは、総勢17名で芸術祭へ出向き、新しい繋がりが生まれた。
芸術祭の、その一部となったのだ。


これは癖になる。また、行こう〜っと。

 

楽しみはつづく☺︎

「日日是好日」から学んだ、生き方のヒント

本は、時に、人生にとって とてもたいせつな事を教えてくれる。

この、森下典子さんの「日日是好日」は、生き方のヒントを教えてくれた特別な一冊だ。

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

数年前、どこを目指せばいいのかがわからず不安と焦りいっぱいのわたしに、斜に構えずに空っぽになって良いのだと、優しく教えてくれた。

続きを読む