ブラレイコ

2020年東京オリンピックまでに知っておきたい日本の魅力をマイペースにゆる〜く記録☺︎

「水鏡茶会」に垣間みた、里山十帖の魅力

5月の半ごろ。
お気に入りのお宿「里山十帖」のfacebookページで目にしたイベント告知。


水田の中で、中国茶のお茶会を開催する“水鏡茶会”


水鏡茶会…?想像が出来そうで、出来ない。

でもきっと、素敵な茶席に違いない、と期待値のあがる告知につい惹かれ。

このイベントへの参加を決意する。

続きを読む

古典ブーム到来!人は古典に何を求める?

古典を知る魅力は、その普遍性と美意識にあるのかもしれない。

そう思うと、自分が古典に惹かれている理由も腹落ちする。
私の中にある「今に活きる何かを学びたい欲」と「美しさに触れて人生を豊かにしたい欲」が、古典を知ることによって満たされるのだ。


さて、今回は、ゴールデンウィーク前半に出逢った本の一部を記録する。まだ咀嚼しきれていない部分も多いけれど、自分の頭の整理をするためにも文章化をしておこうと思う。

続きを読む

平成の終わりに思い出すギフト

この1ヶ月は、毎日のようにニュースで平成の振り返り番組が流れている。特に、天皇陛下美智子さまのお姿を映像で見る頻度は、格段に増えた。


私は、あるボランティア活動をキッカケに、天皇皇后両陛下に対する想いが大きく変化した。

お二人から大きな無償の愛を感じているし、お二人に対する感謝の気持ちが溢れてる。こんな気持ちになるのは自分でも驚きだけど、この気持ちに1mmの偽りもない。

今日は、そのキッカケとなった出来事について振り返り、その時の自分の気持ちを忘れないように記録しておきたい。

続きを読む

「令和」に託された想いをキャンベルさんが教えてくれた

テレビ番組「スッキリ」に出演していたロバートキャンベルさんの「令和」に関する解説が素晴らしかった。その説明を聞き、わたしは「令和」の言葉がグッと好きになった。

調べてみると、朝日新聞デジタルにキャンベルさんの記事を発見。彼の「令和」を聞いた瞬間の想い、そして元号の持つ国を超えて共有される言葉の持つイメージいついて語られている。

これは、ぜひ記録しておきたい。

続きを読む

20年憧れ続けた「奈良ホテル」へのラブレター

このポスターに最初に出逢ったのは、20年ほど前のこと。

「クラシックホテルの仲間たち」と題して、戦前・戦後の日本の西洋ホテルライフの礎を築いてきた、日光金谷ホテル富士屋ホテル・万平ホテル・奈良ホテル・東京ステーションホテル・ホテルニューグランドが紹介されている。

f:id:reicoouchi:20190323110941j:image

当時大学生の私は、埼玉にあるジョンレノンミュージアムカフェのオープニングスタッフをしていた。このカフェは、ジョンと所縁のある軽井沢の万平ホテルが出店しているとのことで大変な人気だった。

続きを読む

心の向いた先には「平常心是道」

先日のこと、虎屋赤坂ギャラリーにて出逢った言葉。

紀元前から中国で使われている篆書体(てんしょたい)で書かれた「華風月雪」という作品。

f:id:reicoouchi:20190217154943j:image

続きを読む

続・とらやに首ったけ 〜赤坂で過ごした年末年始編〜

1月末にオフィスの引越しがあり、少しだけ 虎屋 赤坂店に近づくことができた。

オフィスから虎屋さんに行きやすくなると思うだけで、笑顔が止まらない。

f:id:reicoouchi:20190124230502j:image

続きを読む